無料ブログはココログ

« 「運定めの話」その7 柳田国男さんとわらべうた | トップページ

2020年6月13日 (土)

「運定めの話」その8 遠野

遠野でわらべうたの伝承者である阿部ヤエさんの本に、宗教のはやし言葉が載っています。・・・聖徳太子 食れってえし 八幡太郎か 在郷太郎か・・・聖徳太子が仏教を広めたために仏事の功徳として大事な食糧をみんなに集めさせて大変な物入りだと言っているのです。「くれってぇし」は大飯食らいの役立たずということ、「八幡太郎」は源の義家でいくさの神様と言われています。八幡太郎(八幡神社)を信仰しろというが、戦の神様だから百姓には関係ないし、自分たちも太郎と名前がつく同じ人間なのだと言っているのだそうです。八幡神社は遠野の城主阿曽沼氏の氏神様だったため、信仰しろと言われて嫌だったのですね。源義経をひいきする東北の人たちは、遠野城主が源頼朝の家臣だったこともあるようです。「運定めの話」をこれまで解いて来て、「聖徳太子」も「八幡神社」もキーワードとして出てきました。遠く大分の話が北まで届くのもさもありなんです!

「わらべ唄にはどの唄の場合でもご先祖の心がうたい継がれていると言われていた。伝えられている言葉を替えてしまうと昔から伝えられてきたご先祖の心が伝わらくなってしまう。だから伝えられている言葉を一字替えても嘘になり役にたたなくたってしまうといって、少しでも違うと伝えられた通りにうたわせられた。」(『知恵をそだてる唄』阿部ヤエ著 エイデル研究所より)

以上で「運定めの話」については終了です。「真野長者伝説」は深堀すると渡来系の蘇我氏と真野長者(満能長者)の仏教を広めるためのコマーシャル的な話で大分から全国に鋳物師などが伝えて行ったのかもしれません。あくまで、私の推論です。真野長者は明らかに渡来系と思われるし、同じく渡来系の蘇我氏と組んで世を収めるために仏教を輸入して全国に広める必要があったのかもしれません。そして、それを実現したのがかの聖徳太子であった・・・。歴史ロマン的妄想はこの辺で~(^^)/

<参考資料>
『知恵をそだてる唄』阿部ヤエ著 エイデル研究所

« 「運定めの話」その7 柳田国男さんとわらべうた | トップページ

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「運定めの話」その7 柳田国男さんとわらべうた | トップページ

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30