無料ブログはココログ

« 国分寺キッズステーションおはなし会 | トップページ | マリー・ホール・エッツ 『もりのなか』より »

2020年2月17日 (月)

国分寺キッズステーションおはなし会

国分寺キッズステーションおはなし会 4・5才児クラス 2020年2月

『ぼくのねこみなかった?』エリック・カール作 偕成社 『あおい目のこねこ』エゴン・マチーセン作 福音館書店 ♪うちのうらの くろねこは(人形)”ひなどりとねこ”『こども世界の民話 下』実業之日本社 『ウシバス』スズキコージ作 あかね書房(2回)

今回は、ねこ・ねこのおはなし会です。『あおい目のこねこ』は幼年向きの物語ですが、最後までとても楽しみました。子どもたちは、本の中に出てくる物・展開すべてひとつひとつを味わうように楽しんでいました。くじけそうになるあおい目のこねこに、「あきらめちゃだめ!」と声をかけ、ねずみのくにに連れていってもらった黄色いねこに「ありがとうはいわないの?」そして、黄色いねこが「ありがとう、こねこくん。きみは、へんてこなねこどころか、とてもすてきなねこだなあ。げんきがよくて、まるまるしていて・・・。」の言葉に、すっかり満足したのでした。最後のページ、あおい目のこねこと黄色い目のねこたちがまるまるしていて幸せそうなこと!そして、裏表紙にはまるまるとしたあおい目のこねこが!その表情と体つきを見ると、みんなの笑顔がこぼれました。この本は瀬田貞二さんの翻訳です。溌剌とした子ねこの感じが、瀬田貞二さんの粋な言葉で表現されているので、声に出して読んでいても心地が良かったです。

”ひなどりとねこ”は、今日の園児の年齢にぴたりと合っていました。ひなどりがクシャミを我慢する中、お母さん鳥に「クシャミをさせて」と繰り返しお願いする場面では、おはなしを聞いて真っ直ぐ私を見ている男の子の目がどんどん見開かれて行き、大きなくしゃみで大笑いする様子に、私も楽しくおはなしをさせていただきました。『ウシバス』はいつものように、子どもたちは絵本の文を大きな声を出して読み、お決まりの2回読みました。

« 国分寺キッズステーションおはなし会 | トップページ | マリー・ホール・エッツ 『もりのなか』より »

おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国分寺キッズステーションおはなし会 | トップページ | マリー・ホール・エッツ 『もりのなか』より »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30