無料ブログはココログ

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月20日 (金)

「ウシバスおはなし会」の名称について

私のおはなし会の名称は「ウシバスおはなし会」です。スズキコージさんの「ウシバス」(あかね書房)から名付けました。絵本「ウシバス」には、子どもたちを惹きつける強いエネルギーがあり、絵本が持つパワーをこの1冊に感じていたからです。おはなし会名称に「ウシバス」を使わせていただくことついては、ずっと以前にスズキコージさんの講演会があった折、ご本人の承諾を得ました。「どーぞどーぞ」という有難いお言葉でした。そして、ブログ名についても、あかね書房に著作権許諾の申請をし、ついに返事がきました!「もちろん、OKです」ということでした。スズキコージさま、本当に感謝いたします。今後とも、「ウシバスおはなし会」を精進し、子どもたちと絵本やおはなしを楽しんでいきたいと思います。(^^♪

スズキコージさんは、ちっちゃな男の子が「ウシバス」などコージさんの絵本を好きになることについてこう語られています。「母の友 1995年1月号 絵本作家訪問記」(福音館書店発行)より 「ちっちゃな男の子がぼくの絵を好きになるというのは、まだ教育を受ける前というか、世の中のことを知る前というか・・・。だからストレートに入っていくと思うんです。ぼくは今の教育のあり方を「教育爆撃」と呼んでいるんですけど、そういう爆撃を受けてみんなやられちゃうんですよ。ワイルドな面がなくなってしまう。だから、ちっちゃな子とかそのあたりをくぐり抜けてきた大人たちとかが、けっこうぼくの絵を好きになってくれるみたいですね。」

2019年9月18日 (水)

国分寺キッズステーションおはなし会

国分寺キッズステーションおはなし会 4・5才児クラス 2019年9月

♪ いっちくたっちく、ととけっこう、いちじくにんじん 「いちじくにんじん」千里子ども図書室案 ごんもりなつこ絵 福音館書店 「ごきげんななめのてんとうむし」エリック・カール作 偕成社 ”ホットケーキ”「おはなしのろうそく18」東京子ども図書館編・発行

「ごきげんななめのてんとうむし」では、クジラの大きさを体感しました。”ホットケーキ”長いおはなしなので、真ん中くらいは中だるみがありましたが、このはなしのツボがわかると次は次はと期待して、「がっちょ ぶっちょ」「かもかも がもがも」など名前の呼び方に大笑いでした。来月もおはなししてとのことで、また来月も語ります。

国分寺キッズステーションおはなし会

国分寺キッズステーションおはなし会 2才児・3才児 2019年9月

<2才児クラス>

♪ いっちくたっちく たえもんさん たえもんはいくらでごわんす 一銭五厘でごわんす まーちっと まーちっと すからかまからか すってんどん、ととけっこう、にぎりぱっちり(布)、ちゅっちっゅ こっことまれ(布)、いちじくにんじん 「バルンくん」こもりまこと作 福音館書店 「こぐまちゃんのうんてんしゅ」わかやまけん作 こぐま社 「はいはい のんのん どっちゃんこ」かこさとし作 小峰書店 「いちじくにんじん」千里子ども図書室案 ごんもりなつこ絵 福音館書店 

<3才児クラス>

♪ いっちくたっちく、ととけっこう、あずきっちょ まめちょ、いちじくにんじん 「いちじくにんじん」千里子ども図書室案 ごんもりなつこ絵 福音館書店 「てつたくんのじどうしゃ」わたなべしげお作 ほりうちせいいち絵 福音館書店 「はいはい のんのん どっちゃんこ」かこさとし作 小峰書店 「バルンくん」こもりまこと作 福音館書店

「はいはい のんのん どっちゃんこ」3才児はどうして動物たちが”どっちゃんこ”になったのか考えます。「順番にひとりづつ滑り台をすべれば良かったのに・・・」「手を前にして座ってすべれば良かったのに・・・」最後のページには登場人物全員がおしゃぶりをくわえている絵があり、みんな赤ちゃんだということがわかると、前のページに戻って赤ちゃんの行動をまた読み直します。絵をよーく読んで、絵本の世界に入っているということなのです!絵本をとても楽しむ年齢になりました。

 

 

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30