無料ブログはココログ

« 国分寺キッズステーションおはなし会 | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 »

2019年6月21日 (金)

国分寺キッズステーションおはなし会

国分寺キッズステーションおはなし会 4・5才児クラス 2019年6月

ぴんときた!かえるたくお「のはらうた3」工藤直子著 童話屋(人形) 「ゆかいなかえる」ジュリエット・ケペシュ作 福音館書店  ♪ぶたがぶたれた(人形)  ”トミーと狼おじさん”尾野三千代創作(おはなし) 「まどのむこうのくだものなあに?」荒井真紀作 福音館書店(こどものとも年中向き2019.7月号) 「あな」谷川俊太郎作 和田誠絵 福音館書店  

<感想>

個人的なことですが、私は子どもの頃からカエル嫌いでした。去年あたりから急に平気になり、むしろ興味を持つようになりました。「ゆかいなかえる」を読み聞かせしたのは、児童図書館員生活33年とその後の7年のおはなしボランティアの中で初めてです!科学的で楽しい絵本でした。初版は1961年にアメリカで出され、1964年に日本で翻訳出版。翻訳者は、石井桃子さんです。地味な印象の絵本ですが、2018年には102刷をしているロングセラー絵本です。さすがに、良く出来ていました。「あな」は、何か起きるかな起きるかなとワクワク・ドキドキして子どもたちは期待しながら見ているのですが、結果何も起こらず主人公のひろしが穴をふさいで終わり。心の動きと自然を感じる絵本です。”トミーと狼おじさん”は、怖がることを楽しむ創作のおはなしです。パンケーキの数をカウントしながら楽しみました。

P1040661

« 国分寺キッズステーションおはなし会 | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 »

おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国分寺キッズステーションおはなし会 | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31