無料ブログはココログ

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月21日 (金)

国分寺キッズステーションおはなし会

国分寺キッズステーションおはなし会 4・5才児クラス 2019年6月

ぴんときた!かえるたくお「のはらうた3」工藤直子著 童話屋(人形) 「ゆかいなかえる」ジュリエット・ケペシュ作 福音館書店  ♪ぶたがぶたれた(人形)  ”トミーと狼おじさん”尾野三千代創作(おはなし) 「まどのむこうのくだものなあに?」荒井真紀作 福音館書店(こどものとも年中向き2019.7月号) 「あな」谷川俊太郎作 和田誠絵 福音館書店  

<感想>

個人的なことですが、私は子どもの頃からカエル嫌いでした。去年あたりから急に平気になり、むしろ興味を持つようになりました。「ゆかいなかえる」を読み聞かせしたのは、児童図書館員生活33年とその後の7年のおはなしボランティアの中で初めてです!科学的で楽しい絵本でした。初版は1961年にアメリカで出され、1964年に日本で翻訳出版。翻訳者は、石井桃子さんです。地味な印象の絵本ですが、2018年には102刷をしているロングセラー絵本です。さすがに、良く出来ていました。「あな」は、何か起きるかな起きるかなとワクワク・ドキドキして子どもたちは期待しながら見ているのですが、結果何も起こらず主人公のひろしが穴をふさいで終わり。心の動きと自然を感じる絵本です。”トミーと狼おじさん”は、怖がることを楽しむ創作のおはなしです。パンケーキの数をカウントしながら楽しみました。

P1040661

2019年6月12日 (水)

国分寺キッズステーションおはなし会

国分寺キッズステーションおはなし会 2才・3才

<2才>

♪ぽっつん ぽつぽつ あめがふる ぽっつん ぽつぽつ あめがふる ざーっとあめがふる ♪でんでんむしでむし でな かま ぶちわろ ♪うえからしたから おおかぜこい こいこいこい ♪ももやももや ながれははやい せんたくすれば きものがぬれる どっこいしょ      「かさ さしてあげるね」はせがわせつこ文 にしまきかやこ絵 福音館書店(3回) 「ころころころ」元永定正作 福音館書店(2回) 「こぐまちゃん おはよう」わかやまけん作 こぐま社(2回)「もう おきるかな」まつのまさこ文 薮内正幸絵 福音館書店 

<3才>

♪ぽっつん ぽつぽつ あめがふる ♪でんでんむしでむし ♪ももやももや 「かさ さしてあげるね」はせがわせつこ文 にしまきかやこ絵 福音館書店(2回)「かめくんのさんぽ」なかのひろたか作・絵 福音館書店 「まどのむこうのくだものなあに?」荒井真紀作 福音館書店(こどものとも年中向き 2019.7)「ころころころ」元永定正作福音館書店(2回)

<感想>

「かさ さしてあげるね」は、それぞれの動物の特徴と雨の季節とがぴたりと合い、雨の音が楽しい絵本。想像力の範囲が年齢によく合っているので、2才児クラスも3才児クラスもとても好きな絵本です。「まどのむこうのくだものなあに?」ページをめくるごとに姿を現す果物の繊細で美しいこと。ほれぼれとして飽くことなく見てしまいます。イチゴだけでも、外側を描くのに実作業だけで4週間かかったそう。それ以前の観察の日数を入れると相当な時間がかかっている・・・。(「母の友」7月号より)園児たちと果物を堪能しました。「食べたくなった‼‼ 」私も😃 

「ころころころ」は、何度読んでもいい絵本だな~と思います。子どもたちは、色玉の流れを想像してイメージをどんどんふくらまします。黒い背景は、「怖いよ」。色玉がすべりだいでおちてしまったところは、自分の体を動かしてどんな風か全身で感じます。客観的にみている部分と自分自身が色玉と一体になっている部分とが重なり合って絵本を見ているのですね。あらしのみちでは、「色玉がくるくる回ってる」「飛んでる」と絵をよく感じています。言葉と絵を結び付ける以前の乳幼児たちは、絵本の中でさまざまなことを感じています。2才児クラスの園児からは、前月読んだ「もこもこもこ」をまた読んでほしいとリクエストがありました。

P1040656

 

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30