無料ブログはココログ

« 国分寺キッズステーションおはなし会 | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 »

2019年4月30日 (火)

書店にて 2

自宅の絵本棚充実のため、少しづつ基本的な絵本を買って行くことにした。とりあえず、我が家から近い二つの駅にある大型書店をそれぞれ見て回った。子どもの本コーナーとしてはある程度の大きさは確保されていて相当本はあるのだが、探し求める絵本の基本書はごくわずか。それに、本棚の配置がごちゃごちゃしていて分かりにくかった。ふたつとも、リニューアルされる前はまあまあ良かったのに、残念。専門の人が棚を作ると違うのだけれどな~。子どもの本に詳しくない一般の方が、子どものために本屋で本を選ぶのは、相当難しいと思った。

おはなし会では、子ども時代に出会わせたい絵本をきちんと選んで行こうと思う。自宅の本棚にある絵本を持って行くのが手っ取り早いので、選書が狭くなりがちになるけれど、おはなしを聞く子どもの側の視点を忘れないようにしなくては・・・。大げさな言い方になるかもしれないけど、「選ぶ」ことには、責任がついてまわるのだと私は思う。私が行っている保育園には基本的な絵本が充実しているため、それ以外の絵本を選ばなくてはならない。絵本は子どもの心の成長の助けになる。絵本の楽しさを共有することは、子どもにとってはとても嬉しいことなのだけれど、大人の良かれと思うおせっかいな気持ちの押し付け、勝手な大人の側の面白い感覚の押し付けをしないように、時々自分を戒めている。そんなつまらない選書をした時は、子どもたちが私に気づかせてくれる。子どもたちは先生だ。頭を低くして、子どもと同じ目線に立って、私自身の大人の感覚を磨いて、絵本を選ばなくては。

 

P1040464

« 国分寺キッズステーションおはなし会 | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国分寺キッズステーションおはなし会 | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30