無料ブログはココログ

« 国分寺キッズステーションおはなし会 | トップページ | スズキコージさん »

2019年3月26日 (火)

国分寺キッズステーションおはなし会

国分寺キッズステーションおはなし会 4・5才児 2019年3月

「アンディとライオン」ジェームズ・ドハーティ作 福音館書店  おはなし”がちょうはくちょう” 「おはなしのろうそく27」東京子ども図書館編・発行  「ババヤガーのしろいとり」内田莉莎子再話 佐藤忠良絵 福音館書店 「ウシバス」スズキコージ作 あかね書房(2回)

<感想>「アンディとライオン」を子どもたちは集中して見ていました。ライオンが身近に現れるという設定は、とても独創的で魅力的な題材です。子どもたちは興味を持って話の行方を追います。原書は1938年にアメリカで発行され、日本では1961年に初版が出ています。大人は当時のアメリカの生活様式と現在との違いに引っかかったりしますが、常識にしばられない柔軟な時代を生きる子どもは、存分におはなしの流れを楽しみます。    

”がちょうはくちょう”は、11分かかります。ずっと語ろうか迷っていたロシアの昔話です。「行って帰る」内容で「3回の繰り返し」があるので、幼い子でも理解しやすいおはなしの型があります。弟のお守を忘れて友達の家に遊びに行ってしまい、帰ってくると弟がいなくなり両親に怒られると泣き、そして探しに行くマーシャの気持ちは十分に共感できるでしょう。絵本「あさえとちいさいいもうと」筒井頼子作 林明子絵 福音館書店に設定が似ているなと思いました。 

子どもたちは「ペーチカ」については「なに?」と聞きましたが、「おかゆの岸の間にミルクが流れている」ところはすっと通り過ぎました。「ペーチカ」「リンゴの木」に隠れたマーシャと弟に気が付かず、がちょうはくちょうがたちが飛び去って行くところでは、思わず拍手をする子どももいました。次に絵本「ババヤガーのしろいとり」見せると、ぜひ読んでほしいと声があがり、絵本も読みました。内容は多少違いますが、とてもよく見ていました。

5才児クラスの子どもたちとは今日でお別れ、最後のおはなし会でした。そんな時、はじめは何かメッセージ的なおはなしをしたいと私は思いました。けれども、思い直しました。子どもたちは、おはなし会に何を求めているでしょうか?子どもたちは、心から浸れる楽しいおはなしを聞くことを求めているのです。大人の自己満足になりがちなメッセージではなく、心に残るいいおはなしを届けることが大切だと思いました。私は、おはなしの世界が伝わるよう一生懸命練習をしました。おはなしを聞いてくれて、ありがとう!

P1040427

 

 

« 国分寺キッズステーションおはなし会 | トップページ | スズキコージさん »

おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国分寺キッズステーションおはなし会 | トップページ | スズキコージさん »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31