無料ブログはココログ

« 国分寺キッズステーションおはなし会 2・3才児クラス | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 »

2018年11月22日 (木)

国分寺キッズステーションおはなし会

国分寺キッズステーションおはなし会 4・5才児 2018年11月 

♪どんぐりころちゃん

『どんどんばしわたれ』 こばやしえみこ案 ましませつこ絵 こぐま社

『くんちゃんのだいりょこう』 ドロシー・マリノ作 岩波書店

♪のっぽのにいさん こっつんこ おしゃれなねえさん こっつんこ 赤ちゃんも こっつんこ お母さんも こっつんこ ほらね 虫かごできた 父さん虫 はいっとくれ 父さん虫 ないとくれ りーん りーん

おはなし:おおかみと七ひきのこやぎ 『おはなしのろうそく18』東京子ども図書館編発行

『おおかみと七ひきのこやぎ』フェリックス・ホフマン作 福音館書店

『ウシバス』スズキコージ作 あかね書房

<感想>

『くんちゃんのだいりょこう』くんちゃんを南の国へ誘った鳥の姿が見えなくなった時、くんちゃんはもう後を追うことができないと、子どもたちは現実的に悟ります。急がなくてはいけないのに、何度も物を取りに家にもどるくんちゃん。子どもたちは、「またーっ!もう、やめればいいのに。」くんちゃんと同じ目線になったり年長の目線になったりします。麦わら帽子を探すくんちゃんに、帽子が見つかって良かったと喜びます。読み終わって、また表紙を見せてタイトルを言うと、「くんちゃんは旅行に行ってないね(o^-^o)」

おおかみと七ひきのこやぎは、タイトルを言うと、「知ってる知ってる。オオカミがお腹に石を入れられる・・・」と言っていましたが、よく聞いていました。お母さんヤギが森に出かけるとすぐにオオカミが来ます。「早い、早い!」 オオカミのスピーディーな動きに驚きます。オオカミはお母さんが帰ってくるまでに子ヤギたちを食べようと急いでいるのです。お母さんがオオカミのお腹をハサミで切ると、元気な子ヤギが次々に飛び出してくる場面では、びっくり!「おおかみと七ひきのこやぎ」はグリムの昔話ですが、登場人物の動作がそのまま言葉で表されているので、幼い子でもイメージがしやすいのです。次回は、同名絵本を読むことになりました。ちらっと絵本を見せたけど、裏表紙の四角の中に描かれたヤギが気になる様子。次回のお楽しみです。

『ウシバス』は前月のリクエストで読みました。「ヤギバスやウサギなんかの同じ絵本はないの?」と聞かれました。あれば、嬉しいよね!

勤労感謝の日ということで、子どもたちからプレゼントをいただきました。ありがとうございました。(^^)/♡♥♡♥♡

P1040355

« 国分寺キッズステーションおはなし会 2・3才児クラス | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 »

おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国分寺キッズステーションおはなし会:

« 国分寺キッズステーションおはなし会 2・3才児クラス | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31