無料ブログはココログ

« 国分寺キッズステーションおはなし会 | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 »

2018年9月25日 (火)

国分寺キッズステーションおはなし会

国分寺キッズステーションおはなし会 2018年9月 4・5才児

『かぶさんとんだ』五味太郎作 福音館書店

『マトリョーシカちゃん』ヴェ・ヴィクトロフ イ・ベロボーリスカヤ原作 かこさとし作 福音館書店

『おつきさんどうしたの』E.M.プレストン文 B.クーニー絵 岸田衿子訳 岩波書店 

♪ こどもとこどもがけんかして おやがいってもききません ひとがいってもききません なかなかなかなか ききません くすりをのんだら ききました はい なかなおり

おはなし ついでに ペロリ 『おはなしのろうそく6』東京子ども図書館編・発行

『わゴムはどのくらい のびるかしら?』マイク・サーラ―文 ジェリー・ジョイナー絵 岸田衿子訳 ほるぷ出版

<感想>『かぶさんとんだ』はかぶと形が似ている物がどんどん仲間になって、どこへ行く?という不思議で予測できない面白さがある。「かみなりも!うちゅうじんも!」みんなそろって宇宙に行けば、子どもたちは「エッー!!」  少し、パターンが似ている絵本が『わゴムはどのくらいのびるかしら?』こちらは、特大の「エッー!!!」の連発。特に宇宙に行った時がすごかった。2回読んだ。「夢だよね?」そう、見返しの壁紙は寝室・・・。

『マトリョーシカちゃん』は間違いなく子どもの心をつかむ絵本を作られるかこさとしさんの絵本。展開がとてもうまく進み、小さい子も楽しめる。マトリョーシカを知っていた子は一人だったので、持っていった我が家のマトリョーシカを見せると、みんな喜んでくれた。

『おつきさんどうしたの』は岩波こどもの本のシリーズで小さい判型だけれども、絵がはっきりとしているので遠目がきく。子どもたちはおはなしの世界を理解でき楽しめた。

「ついでにペロリ」は、「へそまがり」という言葉が子どもたちのスイッチを押すようで、げらげらが止まらない。ツボにハマった一人の男の子は、ずっと笑い転げていた。「まずはおかゆをはらいっぱい・・・」から続くリズミカルな言葉に、子どもたちはあやされ心をくすぐられる。「マツコ!マツコ!」という声が聞こえた。タレントのマツコさんのような身体を想像したのかな?

« 国分寺キッズステーションおはなし会 | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 »

おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国分寺キッズステーションおはなし会:

« 国分寺キッズステーションおはなし会 | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31