無料ブログはココログ

« ロシアのゆきむすめ | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 4・5才児 »

2018年1月15日 (月)

国分寺キッズステーションおはなし会 2・3才児

国分寺キッズステーションおはなし会 2・3才児 2018年1月10日

<2才児クラス>

♪ せんべ せんべ やけた

絵本 『おもち』彦坂有紀 もりといづみ作 福音館書店(こどものとも年中版 2018年1月号)

絵本 『なにをたべてきたの?』岸田衿子文 長野博一絵 佼成出版

♪ ととけっこう

絵本 『ぴょーん』まつおかたつひで作 ポプラ社

絵本 『りんごりんごりんご りんごりんごりんご』安西水丸作 主婦の友社

『おもち』は、浮世絵の技法を使った柔らかいタッチと優しい色合いの版画の絵本です。焼いたおもちの質感が見事です!「ぷう ぷくり・・・」おもちが少しづつふくらんでいく様子をたくさんのページを使って描きます。幼い子には、ゆったりとしたテンポがちょうどいい。おもちが焼けた時の喜びを感じました。

『なにをたべてきたの?』わらべうたの”せんべ せんべ やけた”でも感じましたが、2・3才児はくだものが好きですし、一番種類を知っていると思います。”せんべ せんべ やけた”で、「どんなせんべを焼く?」と聞いても、まだ塩とか醤油とかイメージができませんが、果物はすごくイメージをしやすいです。「りんごせんべい」「いちご」「ぶどう」・・・・。今日読んだ2冊の絵本『なにをたべてきたの?』『りんごりんごりんご』は、子どもたちがよく知っているくだものが出てきて楽しめたと思います。

<3才児クラス>

絵本 『おもち』彦坂有紀 もりといづみ作 福音館書店(こどものとも年中版 2018年1月号)

♪ せんべ せんべ やけた

絵本 『てつたくんのじどうしゃ』渡辺茂男作 堀内誠一絵 福音館書店

絵本 『ぴょーん』まつおかたつひで作 ポプラ社

絵本 『なにをたべてきたの?』岸田衿子文 長野博一絵 佼成出版

『てつたくんのじどうしゃ』は年齢にぴったりでした。前半は、次から次へと現れる部品たちが、最終的に組み立てられて自動車になる様子が描かれています。とても興味を持って子どもたちは見ています。後半は、てつたくんがその自動車を運転する様子にはらはらします。「お母さんを乗せて運転できるかな~?」みんな心配です。でも、てつたくんはお母さんをちゃんと自動車に乗せて運転しましたよ!! てつたくんがお母さんを乗せている場面を見て、みんなほっと安心したし、自分が乗せているような誇らしい気分になりました。そして、裏表紙はお母さんを乗せて安定感抜群に運転しているてつたくんの後ろ姿が描かれています。この裏表紙があることで、いっそう喜びがつのります。

« ロシアのゆきむすめ | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 4・5才児 »

おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国分寺キッズステーションおはなし会 2・3才児:

« ロシアのゆきむすめ | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 4・5才児 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31