無料ブログはココログ

« 国分寺キッズステーションおはなし会 2才・3才児 | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 2・3才児 »

2016年3月28日 (月)

国分寺キッズステーションおはなし会 4・5才児

 国分寺キッズステーションおはなし会 4・5才児 3月

<プログラム>

手袋人形 くまさんのおんなじおんなじ

絵本『ひもがいっぽん おちてたよ』安江リエ文 及川賢治絵 福音館書店

♪ うぐいすのたにわたり うめにうぐいす ほーほけきょ

おはなし”とりのみじい” 『子どもに語る日本のむかしばなし2』こぐま社

絵本『もりはみている』おおたけひでひろ文・写真 福音館書店 こどものとも年少版2015年10月号

絵本『くんちゃんのはじめてのがっこう』ドロシー・マリノ作 ペンギン社

絵本『ウシバス』スズキコージ作 あかね書房

<感想>

『ひもがいっぽんおちてたよ』は、さすがに年中年長さんです!何のひもかは、ズバリズバリと当てていきます。『もりはみている』は写真絵本です。木の陰から覗いている動物たちには興味津々でした。北米ノースウッズで撮られた写真です。「ぼく、のぞかれたくない」と言う男の子もいました。

『くんちゃんのはじめてのがっこう』は、静かによく聞いていました。『ウシバス』は、おはなし会の名前の由来の絵本です。ゆっくりめくったつもりでしたが、「早いよ~、早いよ~」の声が。絵をじっくり読む絵本です。

”とりのみじい”は、なんとなく聞いているのだけれど、おじいさんが鳥を飲みこんでから、お腹の中でその鳴き声を聞くまでは、大変集中していました。「あやちゅうちゅう・・・」という面白い言葉を一緒に言って楽しみたいのだけれど、難しくて言えない気持ちがあり、「難しいよ」と鳴き声の度に言う男の子もいました。

5才児クラスのおともだちとは、最後のおはなし会でした。2才から4年間おはなし会を聞いてくれて、どうもありがとう!私の中では、2才の時の子ども達のイメージが消えずに続いているので、お兄さんお姉さんになって卒園するのは、寂しい気持ちもあります。元気で小学校生活を送ってください。

« 国分寺キッズステーションおはなし会 2才・3才児 | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 2・3才児 »

おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国分寺キッズステーションおはなし会 4・5才児:

« 国分寺キッズステーションおはなし会 2才・3才児 | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 2・3才児 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31