無料ブログはココログ

« 「落ち葉」と平山和子さん | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 4・5歳児 »

2014年11月20日 (木)

国分寺キッズステーション 2才児クラス・3才児クラス

 昨日は、国分寺キッズステーション2才児クラスと3才児クラスのおはなし会でした。

<2才児クラス プログラム>

絵本 『ころころころ』元永定正作 福音館書店

ころころ転がるきれいな色玉を不思議そうに見ていたところから、だんだんに世界に引き込まれていきます。嵐の道のページをめくると、絵を見ただけで、「たいへんだ!」「とばされる」とわかります。雲の道では、「雲だ!」。言葉を読む前に、絵だけでシーンを読み取ります。言葉は、後からついてきます。

絵本 『ちいさなねこ』石井桃子作 横内襄絵 福音館書店

2才児クラスでは、初めての少し長めの絵本です。声を出さずにじっと絵を食い入るように見ています。絵が物語をよく語っているので、幼い子でもわかります。

絵本 『どんどこどん』和歌山静子作 福音館書店

いつも食べている根菜が、土に埋まっている状態がわかる絵本です。にんじんの葉っぱがたくさんあることや、ごぼうが土の中に深く埋まっていることに驚きました。

わらべうた ♪ まつぼっくりが あったとさ

        ♪ あずきっちょ まめちょ やかんのつぶれっちょ

        ♪ いちじく にんじん さんしょに しいたけ ごぼうで ほい

どんどん成長していくたくましい2才児クラスの子どもたち。長めの絵本も静かに聞けるようになったし、わらべうたの”いちじく にんじん”も完ぺきに1回でできました!指の数と言葉をつなげようと、必死で取り組みます。子どもたちの成長ぶりに、ジーンときて少し涙目になりました。明日に向かって伸びていく子どもたちについていきながら、絵本を読んでいます。

<3才児クラス プログラム>

絵本 『ね、ぼくのともだちになって!』 エリック・カール作 偕成社

冒頭からある太い緑色は、すぐにヘビとわかりました。エリック・カールさんの絵の力ですね。鮮やかな色とはっきりとした絵、そして自然に即したストーリーは、安心して子どもの前に差し出せます。

絵本 『つぎ、とまります』 村田エミコ作 福音館書店

路線バスから、クマやたこ、もぐらなどがピンポンを押して降りていきます。「ただいま」「おかえり」の繰り返しが優しい絵本です。絵にいろいろ描きこんであるので、たくさんの発見がありました。

絵本 『なにをたべてきたの?』 岸田衿子文 長野博一絵 佼成出版社

柔らかいタッチの絵が、豚の質感を見事に表現しています。年齢にぴったりの絵本です。

絵本 『ねこくん いちばで ケーキをかった』ロシアのわらべうた 岩波書店

わらべうた ♪ まつぼっくが あったとさ

3才児クラスの子どもたちは、絵本が大好き。絵本をたくさん読んでもらいたい気持ちが強いので、いつもおはなし会の終了時間ぎりぎりまで絵本を読みます。今日も、あっという間に時間がたちました。「早いね」「もう、終わり?」子どもたちは不思議そう。楽しい時間は、早く終わるのね。1冊の絵本を通して、読み手と聞き手同士が共感する場の喜びがあります。

 

 

« 「落ち葉」と平山和子さん | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 4・5歳児 »

おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国分寺キッズステーション 2才児クラス・3才児クラス:

« 「落ち葉」と平山和子さん | トップページ | 国分寺キッズステーションおはなし会 4・5歳児 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31