無料ブログはココログ

« 「松居直と『こどものとも』創刊号から149号まで」 | トップページ | 初秋の空! »

2013年8月29日 (木)

国分寺キッズステーション・おはなし会 4~6才 8月

今日は、国分寺キッズステーション4歳・5歳児クラスのおはなし会でした。

<プログラム>

    1 おはなし ”ホットケーキ” 

                    『おはなしのろうそく 18』東京子ども図書館 編・発行

    2 絵本 『ターちゃんとペリカン』

                     ドン・フリーマン 作 さいおんじさちこ 訳 ほるぷ出版

    3 絵本 『きゅうりさん あぶないよ』

                     スズキコージ 作 福音館書店

<わらべうた>

   ♪ おやゆびねむれ

     おやゆびねむれ さしゆびも なかゆび べにゆび こゆびみな

     ねんねしな ねんねしな ねんねしな

 

  ♪ かぼちゃから めだして

     かぼちゃから めだして つぼもって ひらいて すっぽんぽんの しゅっ

”ホットケーキ”は、ノルウェーの昔話です。アスビョルセンとモーは、1840年代に古くからの昔ばなしを集めました。『太陽の東 月の西』(岩波少年文庫)、『ノルウェーの昔話』(福音館書店)にも収録されていますが、『おはなしのろうそく 18』の松岡享子さんの翻訳は傑作です。登場人物がいきいきと描かれ、言葉の遊びがとても楽しい。

子どもたちは、”おじさんポジサン”でスイッチが入ったように、笑い転げます。なぜ、”おじさんポジサン”なのか?一番よく知っている言葉が面白く変化したから、それが一番楽しいのだと思います。

『ターちゃんとペリカン』は、年齢にとっては長い絵本だと思ったのですが、「長く感じなかった!」と感想を言ってくれました。この年齢になると、この先どうなるのか予測しながら聞いています。子ども達は、ターちゃんの長靴が流されてしまうことを、とても心配していました。その部分をとても身近に感じるのは、おはなしの世界に入っているからでしょう。絵がはっきりしていて、いい絵本でした。

Photo

 

« 「松居直と『こどものとも』創刊号から149号まで」 | トップページ | 初秋の空! »

おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国分寺キッズステーション・おはなし会 4~6才 8月:

« 「松居直と『こどものとも』創刊号から149号まで」 | トップページ | 初秋の空! »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31