無料ブログはココログ

« でっかいおにぎり | トップページ | 美しい日本語を子どもに »

2013年7月26日 (金)

国分寺キッズステーション おはなし会 7月(4・5さい)

昨日は、国分寺キッズステーション4・5さい向きのおはなし会でした。

<プログラム>

1 絵本 『じゃぐちをあけると』しんぐうすすむ/作 福音館書店

2 絵本 『ピーターのいす』E=ジャック・キーツ/作 きじまはじめ/訳 偕成社

3 人形遊び ”くまさんの おんなじ おんなじ”

4 おはなし ”金いろとさかのおんどり”

          『おはなしのろうそく 3』東京子ども図書館/編・発行

5 絵本 『ウシバス』スズキコージ作 あかね書房

わらべうた

♪ しのだのもりの きつねがこんちきちん こんこんちきちき こんちきちん

おはなし会をはじめさせてもらってから、5ケ月が過ぎました。1回のおはなし会は、わずか
に30分づつですけれども、子どもたちと共有する嬉しい体験が積み重なってきたんだなと感じます。前にした遊びや絵本のリクエストが増えてきました。今日も、『ウシバス』を2回読みました!
絵を読みたい子どもたちのために、相当ゆっくりとページをめくらないと、「早い!早い!」
と声がかかります。

”金いろとさかのおんどり”

幼い子どもにとって、3回の繰り返しは黄金比です!1回目は自分がおんどりになってしまっていて不安そうな4歳児。2回目でややほぐれ、3回目では安心して展開を楽しみます。5・6歳児はすぐに展開を予測して、2回目からゲラゲラ大笑い。

ねことつぐみがきつねを叩きのめすと、ますます大笑いでした。

Photo

           Photo_5

 

                             Photo_6


 



   

                        

« でっかいおにぎり | トップページ | 美しい日本語を子どもに »

おはなし会」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しています(^-^)
『金いろとさかのおんどり』子ども達は、年齢によって受け止め方の違いがあり具体的書かれていて、参考になります。うたがあるお話は、二の足を踏んで覚える気にはなりませんでしたが、挑戦しよう!
うちのお話会は、子ども達の年齢がバラバラ。子ども達の受け止め方まで真剣に考えて無かったと反省。それに、トルストイの民話への思い。いい話を聞けました。次回が楽しみ(^.^)b

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国分寺キッズステーション おはなし会 7月(4・5さい):

« でっかいおにぎり | トップページ | 美しい日本語を子どもに »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31